性感染症(性病)治療と性感染症検査キット
*

膣トリコモナス症

今まで説明してきました性感染症はウイルスだったり、細菌類だったりしましたが、そのような小さな生物ばかりが性感染症を起こすものとは限らないのです。

その1つの例としてトリコモナスが挙げられます。トリコモナスは原虫であり、基本的には性行為によって感染するのですが、原虫ですので生命力が強く、湿ったタオルや下着、シーツから感染してしまうのです。
また、オーラルセックスや性器具の共有など移ってしまうのです。
トリコモナスは原虫ですので、グリコーゲンを栄養源にしています。ですので、膣内に寄生しているケースが多いのです。

 

トリコモナスは早期治療をしなければ死んでしまうような重症な原虫ではないですが、放置し続けると増殖して生殖器のひどい炎症を起こしてしまうのです。

この性感染症は淋病と同じように自覚症状が現れてきてからの治療では遅いのです。
トリコモナスが主に生育している膣内は、トリコモナスのような性感染症の原因になる原虫や細菌類が住めないように酸性に保たれていることはご存知でしょうか。

それは常在菌であるデーデル桿菌が膣内で乳酸を産生しているためなのですが、妊娠や月経時にはその酸性が弱くなり、その時期に感染しやすいといわれています。

 

性感染症という名前が付いているくらいなので、日常生活では性行為以外ではトリコモナスなどに感染する確率は低いと考えてよいのです。

時々便器や浴槽で感染したという報告も聞きますが、まれな出来事です。
また、トリコモナスの感染のルートは女性→女性、もしくは男性→女性として感染しますが、男性の場合は女性→男性しか感染ルートはありません。男性同士のの性交渉が行われたとしてもトリコモナスの感染は起こらないというのが他の性感染症と異なる特徴です。
基本的にはトリコモナスは膣に潜伏しているからなのです。

 

トリコモナスと呼ばれる性感染症に感染すると女性には外陰部のかゆみや炎症を起こし性行為事態に不快感を抱き始めます。

酷い場合では隣接している臓器にまで性感染症が広がっている可能性もあるのです。ですので、治療方法としては内服薬による投与を1週間程続けることが有効となっているのです。
その薬にはアルコール分解を阻害するはたらきを示すものがあるので、飲酒は極力避けた方が治療に専念できることでしょう。
薬と飲食は対極したものですので、性感染症の治療を薬で行っている患者さんは飲酒はしてはいけないのです。