性感染症(性病)治療と性感染症検査キット
*

性感染症とは、どういう病気?

そもそも性感染症は性行為全般によって移る病気のことを指すのです。

今の若者はキスをする感覚で性行為を行ってしまうのです。しかも、お金がないから、唐突に性行為をしようとするためコンドームなどの避妊をしないのです。

その結果、妊娠してしまい、子供を下ろす行為をしてしまうのです。
さらに好きになった人と性行為をすると多くの人と性行為をすることになります。その内の1人が何らかの性感染症に罹っていたとしたら、あなたにも感染するだけでなく、あたなと性行為をした人全員にも感染を広げてしまうことになってしまうのです。
性行為を安易な考えで行うことは絶対にやめるべきなのです。

 

性感染症は基本的には性器から性器へと感染するのですが、性器から口に、口から性器に感染するケースもあるのです。

若いカップル
このケースはコンドームでは防止できませんので、その行為自体をやめなければなりません。
エイズウイルスが全世界に感染を広めたのは売春している女性が原因だと言われています。性感染症が現代社会に広がりを見せているのは時代背景に何かあるからだと思います。
例えば、コミュニケーション能力に乏しいので、体に直接触れると安心がもらえるとか、親しい友人が誰もいなくて寂しいから、売春に走ったり、売春を求めたりしているのです。

性感染症を英語の略称で表現すると、STDとなります。
その性感染症を過敏に考えてしまい、何の症状が起きても性感染症だと考える若者が増えてきているのです。

 

例えば、フォアダイスと真珠様陰茎小丘疹を尖圭コンジロームと勘違いして泌尿器科を受診する人がいるのですが、これは性感染症ではないのです。生理的現象で発生したものなのです。しかし、相手に性感染症だと誤解されるかもしれないと思い、治療を申し込んでくる人がいるのです。
性感染症だと誤解を受けることで劣等感を抱いてしまいます。女性にも膣前庭乳頭症という性感染症に似た症状が起こる病があります。