性感染症(性病)治療と性感染症検査キット
*

性器ヘルペス感染症

単純疱疹という症状を聞いたことがありますか。この単純疱疹とは、単純ヘルペスの感染で起こるものなのです。

その原因になっているウイルスである単純ヘルペスは性行為によって感染する性感染症なのです。
性感染症の1つである単純ヘルペスが口唇で悪さをすると、口唇ヘルペスになってしまうのです。

恥かしい部位にできる場合を陰部ヘルペスと呼ぶのです。つまり、単純ヘルペスはからだのあちらこちらで悪さをするウイルスなのです。
陰部では性交渉による感染が原因になるので性感染症に含まれているのです。気をつけましょう。

 

性器ヘルペスと呼ばれる性感染症の正体をご存知でしょうか。

それは単純ヘルペスのことなのです。この単純ヘルペスは風邪やストレスや心労で疲れているとき、もしくは、老齢によって増殖が開始されて悪さをするのです。
ですので、単純ヘルペスに感染したとしても疲れが出ていねかれば、症状は一切現れてこないのです。

単純ヘルペスは性感染症の代表的なウイルスなのですが、ウイルス自体は非常に弱いのです。だから、感染しても免疫により抑えられてしまうのです。
日本人では単純ヘルペスに感染しているヒトは約7割います。

 

性感染症だからといって、単純ヘルペスは性器や陰部に潜伏しているわけではありません。

実は神経節に潜伏している場合が多いのです。また、血清反応から単純ヘルペスは1型と2型に分けられるのです。
1型の単純ヘルペスは口腔粘膜から感染して、ほとんどの場合は不顕性感染で終わってしまうのです。免疫が落ちたときに下唇口の周囲に水ぶくれや発疹が出るだけで済みます。
性感染症の単純ヘルペスですが、この唇の疱疹に触れると感染しますので、ご注意下さい。
2型単純ヘルペスウイルスもいるのですが、気にしなくてもよいと思います。

 

性感染症のである単純ヘルペスに感染しているかとても気になりませんか。

そこで検査方法をご紹介します。残念ながら今の科学ではご自宅でできる検査はありません。
病院でTzanck試験を受けるしか方法がないのです。単純ヘルペス感染により出現した水疱の水疱液を抽出して、その上からギムザ染色を行うだけの簡単な検査方法なのです。
その他も検査方法には単純ヘルペス血液抗体検査があります。

そこで性感染症が発覚したならば、アシクロビルやビダラビンなどの抗生物質を投与しましょう。早ければ5日程度で疱疹が消えるでしょう。