性感染症(性病)治療と性感染症検査キット
*

膣カンジダ症

カンジダと聞くと、性感染症であるエイズにより免疫機能が低下したときに日和見感染して肺がカビだらけにしてしまう菌と思う人が大勢いることでしょう。

実際のところカンジダの潜伏場所は肺だけではないのです。どちらかと言うと肺よりも膣に多く潜伏している場合が多いのです。
ですので、肺へは飛沫感染、空気感染でカンジダの胞子を吸入すれば感染しますが、膣へのカンジダ感染は性行為による侵入が考えられるのです。
すわなち、カンジダは性感染症の1つと看做されているのです。口に存在するカンジダ菌がオーラルセックスによる感染も考えられます。

 

疲れが溜まっていると免疫機能がいつもどおりに働いてくれないので、口の中にカンジダ菌が繁殖している可能性があるのです。

このときの性行為によって口の中から性器への感染が起こるのです。感じ他の性感染症に罹ると、陰部が炎症を起こし、強いかゆみを生じるのです。
これは様々な性感染症共通の症状です。
このカンジダの性感染症の嫌なところは女性において、膣からあふれるほどおりものが出るところです。聞いた話ですが、外出ができなくなるくらい困難になっていしまう人もいるようです。
このカンジダ性感染症で死ぬことはありません。

 

カンジダ性感染症の診断方法ですが、膣分泌物を顕微鏡で検査をしてカンジダ菌が発見する至ってシンプルな検査方法です。

菌量が少ない感染初期の段階であるときでも、培養検査を行えば、早期発見もできてしまうのです。ですので、現在、カンジダ性感染症が重症化するケースは稀にしか起きていないのです。
ただし何でも効果があるのではありません。薬局など販売しているかゆみ止めではカンジダ菌のかゆみは抑えることができないのです。
なぜならカンジダは真菌という部類に入るからなのです。一番良い方法は専門医に診察してもらうことです。

 

ガンジタ菌は常在菌であり、誰もが保菌しているのです。私たちの皮膚、腸の中にもカンジダ菌はいるのです。

妊娠やホルモンバランスが崩れる時期にカンジダ菌が増殖するのです。最もよく繁殖して炎症を起こすのが膣壁であり、糖尿病の人は血液中の糖分が多いため菌が繁殖しやすい環境になっているために性感染症なども引き起こしやすいのです。

男性は性感染症によりこのカンジダ菌をもたっらとしても包茎の人の以外には症状は出ません。
包茎の人は包皮に炎症を起こします。カンジダ菌の被害者は女性だけなのです。男性はこのつらさを理解してあげましょう。